歯科用の機器|省エネ対策に非常に有効なBEMSを導入しよう
ウーマン

省エネ対策に非常に有効なBEMSを導入しよう

歯科用の機器

ヘルメット

治療の成功率が高まる

microscopeは医療現場で多く使われていますが、歯科でもこれを導入する所が増えてきています。高価な機器ですから現在ではまだ5パーセント以下と導入率は低いのですが、microscopeを使った治療は歯の寿命を伸ばすと言われていますから今後の普及に期待が高まっています。microscopeを使った治療の良い所は肉眼で見るのと比べると20倍から30倍に見えるために精密な治療を行う事が出来る点です。カメラが付いているので治療の様子や治療後の出来を確かめる事も可能です。microscopeを使わない今までの治療は歯科医が手探りで勘や経験に頼って治療する部分がありました。microscopeを使えば目では見えない場所もしっかり見て治療を行えます。

その治療の有用性の高さ

特に根幹治療においてmicroscopeは治療の手助けに力を発揮します。普通の根管治療は目には見えませんから歯科医の経験が頼りでしたが、microscopeでははっきり見る事が出来るので複雑な形をしている根の汚れも取り除く事が出来ます。普通の虫歯治療でも削らなければならない部分とそうでない部分の識別が容易ですから削るのを最小限にすることが可能です。また、処置部分を小さくすることが可能なために痛みや腫れなども少なくなります。歯科医で何度治療を受けても痛みなどが治らないというケースもありますが、そんな時にもmicroscopeを使ってしっかり原因を根絶する事が出来れば治る可能性は高いと考えられます。