試料の拡大装置を選ぶ|省エネ対策に非常に有効なBEMSを導入しよう
ウーマン

省エネ対策に非常に有効なBEMSを導入しよう

試料の拡大装置を選ぶ

顕微鏡

ミクロ観察を行う

会社では様々な技術を開発していますが、この技術開発においては一定の耐久試験を行うなどして対応しています。そして試験後の品物に対する変化の有無を確認する際にはマイクロスコープを用いるなどしてミクロ観察を行う事も大切です。これによって目視では判らない微妙な変化を拡大観察して把握する事が出来るからです。また通常の拡大鏡を使用する場合には、焦点距離の関係からピントが一部しか合わないのですが、マイクロスコープを用いますと焦点深度が深いので突起部分などもクリアな画像を得る事が可能となります。またマイクロスコープは拡大倍率を連続してスムーズに変化させる事が出来ますので、観察作業の工数も減らして効率化が可能です。

商品選定の注意点

これらのマイクロスコープは多くのメーカーが販売していますが、注意したい点としまして拡大倍率の高さが挙げられます。これは観察する対象が非常に小さい場合ですと、高倍率で拡大出来ませんと本来の目的を果たす事が出来ないからです。またマイクロスコープを選定する際には撮影装置の解像度の高さも重要なポイントとなって来ます。解像度が低い装置の場合には、高倍率に拡大した際に試料の細かい違いを上手く映し出す事が難しくなるケースが出て来るからです。これから新たにマイクロスコープの購入を検討される方は、人気ランキングサイトを閲覧するなどして、事前に各メーカーのマイクロスコープの性能や特徴を把握しておく事が大切です。